SIMの大きさは標準とmicroとnanoがある

スマートフォンや携帯電話で使われるSIMの大きさは三種類あります。


まず、一番大きくてもっとも早くに製造された「標準」、標準よりやや小型の「micro」、そしてもっとも小さい「nano」です。
携帯キャリアと契約する場合は回線と端末がセットなので、SIMの大きさは購入した端末に合ったものが自動的に選ばれますが、MVNOでSIMを申し込んだ場合は、端末は別売りなので客が大きさを選ぶことができます。

では、どの大きさのものがいいのかというと、もっともベーシックな選び方はやはり、既に所持している端末に合ったものをにするという方法です。

基本的に、古いスマートフォンの場合は標準で、新しくなるにつれて、micro、nanoと適用サイズが変わっていきます。

最新型のスマートフォンならほぼmicroかnanoを差し込むようになっていると考えていいでしょう。
ただ、あえて端末に合う大きさとは違うものを選ぶというやり方を採る人もいます。

SIM情報を簡単に請求できます。

たとえば、現在所持しているスマートフォンに合うのが標準SIMという場合、標準を選択するのがベーシックですが、今後、端末を買い換えた場合は標準だと差し込めなくなる可能性が高いです。



そのため、わざと一番小さいnanoを注文し、専用アダプターにはめ込んで標準SIMとして使うわけです。



標準を選んで、そのあと、nanoを差し込むようになっているスマートフォンに買い換えた場合は、削って小さくするか、交換してもらうしかありません。